--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/23 (Mon) 13:46
社保庁監視委スタート「進駐軍のよう」と厚労、社保庁職員

社会保険庁の業務を監視する総務省の「年金業務・社会保険庁監視等委員会」が23日午前、新事務室を開いて業務を開始しました。

総務省の職員十数人が常駐するそうです。

事務室を厚労省内に置くのは、菅総務相の指示によるものです。

「国民をはじめ、政府内でも多くの人が社保庁の姿勢を疑問視している。」ということからです。

省庁が別の省庁の庁舎内に乗り込んで業務を監視するのは初めてで、厚労省、社保庁内には「進駐軍のよう。屈辱的だ」とのため息も漏れています。

でも当然のことですよね。

乗り込んでいって監視調査しないと、厚労省や社会保険庁のいい加減さがわかりませんからね。

特にオンライン業務を受託しているNTTデータには、社会保険庁のノンキャリの連中がごろごろ天下りしていましたからね。

もっと問題点や疑問点を洗い出して欲しいですね。

参考記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000003-yom-pol



社会保険庁の所掌事務である政府管掌健康保険事業の運営については、2006年「健康保険法等の一部を改正する法律」が国会で可決成立し、2008年8月に自主自立の事業運営にするために、非公務員型の法人「全国健康保険協会」を設立することとなった。

また、船員保険については、労働保険と全国健康保険協会に移管することとなった。

年金事業の運営については、納付率の低下により国民年金制度の仕組みが破綻してきているとの声がある中で、年金保険料の無駄づかいや個人情報を業務外の目的で閲覧する行為、年金保険料の不正免除等の不祥事などが、国民の社会保険庁や職員への不信を招き、信頼回復に向けて組織改革、業務改革、職員の意識改革が求められている。

同庁の人事システムは、要職を厚生労働省キャリア組がおさえ、中間管理職を同庁採用のノンキャリア職員が占め、現場は、かつて地方事務官と呼ばれ各都道府県知事の監督下にあった職員からの移行者が運営するという、独特な三層構造となっている

2004年3月、国民年金保険料未納情報に関する個人情報の漏洩が疑われる事例(政治家の年金未納問題)が報道されたのをきっかけに、社会保険庁の杜撰な業務運営が次々と発覚した。

同年7月、約300名の職員が未納情報等の業務目的外閲覧を行っていたことが判明し、行為者及び管理監督者の合計513名の職員が処分された。

同年9月には、社会保険庁の幹部職員が収賄罪で逮捕され、国民の信頼を著しく損ねる結果となった。

通常国会における年金改正法案の審議やマスコミの報道等においては、「利用者の立場や目線に立っていない」「個人情報保護の重要性について十分に認識していない」「国民が支払った保険料や税金を保険給付以外に安易に使っている」等が指摘され、職員の倫理意識や組織体質が問われた。

2006年5月、全国各地の社会保険事務所が、国民年金保険料の不正免除(法令等に違反する事務処理)を行っていたのが発覚した。

調査の度にその数は増え続け、最終的に不正免除は222,587件に達し、行政組織としての遵法意識やガバナンスが欠如していることを露呈させた。

2007年5月、社会保険庁のオンライン化した時のコンピュータ入力にミスや不備が多いことや基礎年金番号へ未統合のままの年金番号が多いことが明らかなった。

国会やマスコミにおいては、年金記録のずさんな管理が批判された。

電算化はNTTデータに全面委託し、現在、庁内にはSE(システムエンジニア)が存在しない。

また、社会保険庁のオンライン化計画に対して、労働組合が「中央集権化の支配機構を強め、独占資本のための合理化である。」として反対していたことや、実施に伴い労働強化を生じさせないとの覚書[1]を取り交わしていたことは裏協定であるとして問題視された。(詳しくは全国社会保険職員労働組合へ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

<< 全国豊かな海づくり大会 パンフレットに万景峰号 新潟県「まさか…」回収 | ホーム | 家賃30億円過払い「WTC」再び破綻も >>

コメント

"営業避止義務になるために30代,40から転職"

営業避止義務とは、被雇用者として職務に専念する義務を負っており、営業主の許諾なく自ら営業行為を行うべきではないとする義務のこと http://bobbed.ellingtonrecords.com/

スイッチOTCダイエットの情報

医療用医薬品のうち副作用が少なく安全性の高いものをOTC薬に転用(スイッチ)したものを「スイッチOTC薬」と呼んでいる http://jaunt.sabellsenterprises.com/

郵便局の便利サービス

郵便局の検索サイト。営業時間、振込み、アルバイト、再配達、イラストなど郵便局に関する各種情報をお届けしています。 http://anolin.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。