--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/27 (Sat) 13:53
<日台航空路>JAL、ANAが直接運航

<日台航空路>JAL、ANAが直接運航 子会社運航中止へ

雪解けというわけではありませんが、中国も形式主義を少しずつ変えてきていますね。

毎日新聞

日本-台湾間の航空路線で、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が直接運航に乗り出す見通しになった。
1972年の日中国交正常化に伴う日本と台湾の断交後、中国への配慮もあって日本の航空会社は75年以降、台湾便で子会社名の運航を続けていたが、JALやANA名で乗り入れる方向で最終調整している。
中国も黙認するとみられ、近く発表される日台民間航空取り決めに盛り込まれる見込みだ。
JALとANAは中国便では直接運航している。
しかし、台湾便はJALが75年から日本アジア航空、ANAは94年からエアーニッポンというそれぞれの子会社が運航していた。
最近は親会社の機体を使い、パイロット、客室乗務員も親会社の社員を一時的に転籍するなど子会社方式は形だけになることも多かった。
かつては台湾からの便は羽田に乗り入れ、中国からは成田へと、空港も分けていたが、日中台の経済交流が活発化していることから空港の区分けを解消。
直接運航についても、実態にあわせて中国側が容認する環境が整っていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071027-00000000-mai-soci
スポンサーサイト

| ホーム | 金平会長が亀田父に無期限謹慎処分通達 >>

コメント

はじめまして

初めて書き込みます。いつも拝見しております。これからも遊びにきます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。